美味しい秋田県産あきたこまち

実家が秋田県の米作り農家で、父親が米を作っていました。自分が実家にいる頃はまだあきたこまちという品種は開発されてなく、その後大阪に引っ越しした後に秋田県の農業試験場が品種改良によりあきたこまちを作りました。

 

父は早速それを導入し、出来秋にあきたこまちの新米を大阪に送ってくれました。それを食べた時のもちもちっとして、

 

 

何とも甘みのあるその時の食感は今でも忘れられません。


その後父は亡くなるまで毎月大阪に送ってくれました。私も子供達もあきたこまちの大ファンです。美味しい米としては

 

 

  • 新潟産コシヒカリ
  • 宮城県産ひとめぼれ

とかいろいろありますが、私はずっと食べ続けて来たこともあり、あきたこまち以外食するつもりはありません。ただ父が存命中はバリバリのあきたこまちを食べられたのですが、亡くなってからはそれがダメになったので店頭ではなく、

 

 

秋田県産の産直のあきたこまちを送ってもらっています。


理由は父が米の味は、土が影響すると言っていたので、故郷の土壌に近い所の米なら食味が同じだろうと思ったからです。